ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

ナビゲーター
ナビゲーター
ハン・ジュンギは神室町のホストクラブ「スターダスト」のオーナーであり、韓国マフィア「ジングォン派」のボスなんだ。20代と言及されているけど、正確な年齢は不明だよ。
なるほど、ハン・ジュンギはどんな人物なの?
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
彼は整った容姿でホストとして働いていて、「ハン様」と呼ばれることもあるんだ。銀色の髪と青いジャケットのコーディネートで、英語圏では「Korean Vergil」と呼ばれることもあるんだよ。
すごくカッコイイんだね!他にどんな特徴があるの?
知りたがりの子供
知りたがりの子供

「龍が如く」シリーズの登場人物であるハン・ジュンギは、神室町のホストクラブ「スターダスト」のオーナーであり、韓国マフィア「ジングォン派」のボスでもある。

正確な年齢は不明だが、劇中で20代という言及がある。

彼は表稼業でホストをしており、整った容姿から客やファンからは「ハン様」と呼ばれることもある。

また、銀色に染めた髪と青いジャケットのコーディネートから、英語圏では「Korean Vergil」と呼ばれることもある。

彼は日本語が堪能で、紳士然とした振る舞いをすることが多い。

しかし、礼儀に反したり筋の通らない言動をとった者に対しては、容赦ない制裁を加えることもある。

例えば、制裁の一環として、部下を無碍に追い返した桐生一馬らに対して、顔を焼肉の網に押し付けて大火傷を負わせたことがある。

彼はヤクザとは異なり、スポーツマンシップを重んじることが多く、戦いにおいては相手が自分よりも優れている場合には敗北を受け入れることもある。

宇佐美勇太を人質に取ろうとした部下を一喝し、彼を自身を打ち負かした桐生の勝利を称える場面もある。

また、彼はかつて桐生と敵対したジングォン派の頭領でありながら、桐生一馬のファンでもある。

実際、「ジングォン派の古老に過去の遺恨を忘れさせることができる」という趣旨の発言をしており、彼自身に恨みはないことがわかる。

彼は様々な思惑に操られることはあるが、「組織をまとめるついでに桐生と戦って勝ちたい」というのが一貫しての目的であり、スターダストでの決闘で桐生に敗れた際には、本人には見せないところで酒のグラスを握り砕くなど、人間臭い部分も持ち合わせている。

この人物は、経営者として手腕を発揮し、スターダストの集客アップのために男性向けの劇的な接待を行っています。

彼はこの業態を「下品」と呼び捨てており、必要なシノギだからやっているだけの姿勢を堂々としています。

また、彼の服装は裸のジャケットスタイルで、あの人を彷彿とさせるかのようです。

彼は劇中で活躍し、亜細亜街の大火事後に巌見恒雄と手を組み、神室町の風俗店を次々に買収して資金力を得ました。

彼は達川がハルトを奪う場面を見届け、その後、桐生たちに「私とスターダストのリングで勝てば情報を教えます」と提示しました。

彼は勇太と戦い、勝ちましたが、桐生をリングに誘い出すことはできませんでした。

彼は敗北したが、約束通り達川に関する情報を教えました。

その後、桐生と広瀬一家との対決に介入し、敗北しました。

それでも、彼は桐生に尾道の秘密に関する情報を伝えようとしましたが、最期には、口封じのために射殺されました。

しかし、次作の『龍が如く7』では、彼と瓜二つの人物が韓国系の組織「コミジュル」の参謀として登場しました。

頭を撃たれた以上、彼の生存の可能性は非常に低いはずですが、まだ生きている可能性はあるかもしれません。

彼のバトルスタイルについては、韓国人キャラだからテコンドーのようなものかと思っていましたが、実際にはボクシングが得意だったようです。

龍が如くシリーズには、主にボクシングを使う敵が多く登場します。

例えば、『0』に登場する久瀬大作などがその代表格です。

しかしながら、彼らは蹴りや拳銃、ナイフ、鉄パイプなどといった、パンチ以外の攻撃や凶器も多用する傾向にあります。

もちろん、格闘技の試合ではなく、ケンカをしているわけですから、そういったことは当然かもしれません。

ところが、ハン様は異なります。

彼は、「スポーツマンシップに則るのが好き」であると公言しているだけあって、戦闘で繰り出す攻撃は全てパンチです。

掴み技ですら、相手の後頭部を掴んでパンチをくらわせます。

最終戦のQTEでは、脚への踏みつけやサミング・ローブローなど、危険な攻撃を行うこともありますが、結局は「ボクシングの反則」とされる範疇を出ていません。

彼は徒手空拳一筋で戦い、武器を使うことも決してありません。

彼と戦う場合、彼はタイマン勝負で戦うことを徹底します。

このような「ボクシング」や「正々堂々」といったこだわりを持つキャラクターは、龍が如くシリーズでも珍しく、彼の存在は異彩を放っています。

しかし、『龍が如く7』で彼が専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変します。

彼はメリケンサックをはめ、徒手空拳だけでなく、蹴り技や投げ技も使うようになり、カランビットナイフや銃器、毒薬、スタンガンなど、手段を選ばない戦い方をします。

このようなファイトスタイルから、まるで「ヒットマン」のように見えます。

彼の豊富な属性攻撃技、バステとデバフを伴う攻撃技、素早さ、会心率の高さから、彼は往年のRPGにおける「アサシン」や「ローグ」といったポジションに位置づけられます。

彼は、本物のボクサーであるハンマー岡田への深い敬意を持っており、その立ち振る舞いをコピーしています。

しかしながら、彼が専用ジョブ「ヒットマン」であることを考慮すると、現在のキムの立場や心境がよく表れているとも言えます。

彼は、ソンヒやコミジュルを守るためには、手段を選ばないということを示しています。

ちなみに、担当声優である中村氏は、『7』の仕事を受けたときに演じるキャラクターが誰かという情報を知らされていなかったそうです。

そのため、実際に演じる前に知ったときには、「そのキャラクターは生きていたのではなく、全く別の人物だった」と聞かされ、中村氏は大きく驚きました。


【みんなの投票】あなたが選ぶ「龍が如く最強キャラBEST3」は?(3つまで回答可)
  • Add your answer

龍が如くキャラクター一覧
趙天佑:片手剣を武器に、剣術と体術で戦う非常に攻撃力の高いアタッカータイプ源田龍造:「源田法律事務所」の所長であり、弁護士澤村遥:自分の母親を探すためにヒマワリを脱走し、神室町で桐生と出会う
澤村由美:桐生一馬や錦山彰と共に育った親友で、妹的な存在立華鉄:幻肢痛や腎臓の障害に悩まされながらも、東城会構成員に引けを取らない喧嘩の腕前本庄次郎:法に強い信念を持っており、柔軟性に欠ける性格
二階堂哲雄:シリーズ初の人間外のラスボスとして、フロアを破壊する壮絶な戦いを繰り広げる難波悠:専用ジョブ:ホームレスの使い手藤井真冬:不憫なキャラクターかもしれないが、その後の続編で八神と結ばれるか否かが注目
鉄爪:鉄の鉤爪を使用して戦うスタイル石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物
星野一生:トップクラスの成績で司法試験に合格し、空手三段を持ち、どんな相手にも怯えない精神力を持ち合わせるハイスペックな青年杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意新谷正道:弁護士としての実力は八神に劣らず、一流
城崎さおり:主人公・八神隆之が以前勤めていた「源田法律事務所」の女性弁護士巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…鎌滝えり:専用ジョブ「事務員」は序盤から範囲攻撃技を覚える強力なジョブであり、大勢の敵に対して非常に有効
ソンヒ:妖艶な魅力と冷徹な非情さを持つ韓国系マフィアの女性ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)