石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派

ナビゲーター
ナビゲーター
彼は近江連合の八代目若頭補佐兼直参で、石尾田組組長として描かれているんだ。外見はサングラスをかけていて、強面で狂気を含んだ雰囲気を持っているよ。
えっ、それって怖い人?
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
そうかもしれないけど、彼は近江連合の存続のために戦っているんだ。戦闘ではクレーン車を使ったり、非常に破天荒な戦術を展開することもあるんだよ。
それってすごいけど、石尾田さんはどんな性格なの?
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
彼は予測不能な人物で、感情や欲望に忠実すぎて持ち前の頭脳を活かしきれないと言われているんだ。一部の組長から非難や罵倒を受けた時は、部下たちと一緒に詫び金を納めたり頭を下げたりすることもあるよ。

「石尾田礼二」とは、ゲーム「龍が如く7」に登場する架空の人物です。

この人物は、近江連合の八代目若頭補佐兼直参の「石尾田組」組長として描かれています。

彼は、近江連合の若頭代行である荒川真澄にはべる3人の若頭補佐の1人で、名前の残りの2人は沢城丈と天童陽介です。

石尾田は目元の刀傷を隠すためにサングラスを付けており、非常に強面で狂気を含んだ人物として描写されています。

彼は、長年のライバルである東城会を完全に壊滅させた「神室町3K作戦」で最前線で指揮を執っていました。

そして、自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派極道としても知られています。

元刑事である足立宏一によれば、石尾田は昔から「何をするかわからない奴」として有名であり、敵味方関係なくクレーン車の鉄球を振り回す、殴られても不気味に笑うなど、予測不能な人物として描写されています。

しかし、話し合いが通じない狂犬ではなく、近江連合を存続させるために、ある理由から荒川組が東城会と共に裏切った組長たちから非難・罵倒を受けた際には、部下たちと共に詫び金を納めたり頭を下げたりするなど、筋を通す一面も持っています。

天童によると、石尾田のやり方は「雑」であり、頭はある程度良いが、欲望や感情に忠実すぎて持ち前の頭脳を活かしきれない傾向があるとのことです。

荒川に従う3人の中では彼に対する情が最もなく、ある人物が荒川の抹殺指令を出した時には、何の葛藤もなくそれに従っていました。

それ故、東城会時代からの荒川の「子」である沢城とは険悪な関係にあるようです。

石尾田は、近江連合に所属する由緒正しい極道ですが、戦い方は非常に破天荒でクレーン車に乗っていたり、極道でない人とタッグを組んで襲ってくるなど、非常に多彩な戦術を展開します。

「龍が如く7」は、ゲームジャンルが変わり、主人公も正統派の極道ではなくなったことで出て来れた敵キャラと言えるでしょう。

彼の初登場は本編7章であり、厳密には第2章において神室町の会合時に天童と共に既に登場しています。

先日、横浜・伊勢佐木異人町の「肉の壁」の秘密が明らかとなった翌日、組員たちを引き連れてコミジュルのアジトをブリーチジャパンと共に襲撃しました。

彼らはクレーン車に乗ってバリケードを破壊してコミジュルに助太刀に入った春日一番たちと戦闘を行いましたが、敗北してしまいました。

その後、一度は登場しなくなりましたが、物語終盤になると、若頭の渡瀬勝による近江連合解散宣言からすぐに若頭補佐である沢城と共に神室町の近江連合残党を集めて「東京近江連合」を結成しました。

その後、東京都知事・青木遼からの命令で沢城暗殺を実行するため、ミラーフェイスや彼女と共に行動しようとしましたが、春日たちに探知されて襲撃を受け、戦闘を行いました。

しかし、結局敗北してしまいました。

石尾田以外の面々は生存が確認されているが、石尾田だけは生死不明です。

戦闘については、一戦目はコミジュルアジト前で巨大鉄球をぶら下げたクレーン重機に乗って戦いました。

石尾田が搭乗していた重機は鉄球を用いた攻撃が強烈で、重機のHPを3分の1ほど削った後、石尾田が気絶した状態で重機の外に放り出されました。

石尾田本人のHPが4分の1ほどになると再び重機に戻り、強烈な全体攻撃を仕掛けてくるようになりました。

二戦目はコミジュルアジト内部での戦いで、春日達と袂を分ったナンバと組の部下たちを引き連れて春日達に戦いを挑みました。

特に敵になったナンバは状態異常にしてくる技が厄介で、石尾田もこちらの攻撃に対してカウンター攻撃を仕掛けてきたため、回復技やアイテムは必須でした。

ちなみに、ナンバと戦えるのはこの戦闘だけで、彼が極・極技やデリバリーヘルプによる攻撃を受けるリアクションはここでしか見られません。

三戦目は横浜流氓(ハンピンリューマン)の拠点である「慶錦飯店」の最上階で、数多くの部下と共に戦いました。

しかし、パーティに復帰したナンバが習得した強力な極・極技「熱気監獄の極み」を使えば、敵の取り巻きの部下たちはあっという間に殲滅されることになる。

そして2回目の戦い同様、弱点属性以外の攻撃に反応して、強烈なカウンター攻撃を仕掛けてくるだろう。

四回目の戦い
では、ミラーフェイスとして足立に変装した敵が出現して戦うことになる。

ミラーフェイスは足立同様、攻撃力が高く、前半では拳銃を用いた攻撃を行い、体力が少なくなると赤いオーラを纏い、今までと同様に、弱点属性以外の攻撃に対して数ターン動けなくなってしまう状態異常「ビビリ」を付加し、カウンター攻撃を仕掛けてくる。

そして、ビビリの状態でHPが減った状態でミラーフェイスの攻撃を受けることはリスキーだ。

そのため、石尾田を放置することで、ミラーフェイスを袋叩きにするのが得策である。

 


【みんなの投票】あなたが選ぶ「龍が如く最強キャラBEST3」は?(3つまで回答可)
  • Add your answer

龍が如くキャラクター一覧
趙天佑:片手剣を武器に、剣術と体術で戦う非常に攻撃力の高いアタッカータイプ源田龍造:「源田法律事務所」の所長であり、弁護士澤村遥:自分の母親を探すためにヒマワリを脱走し、神室町で桐生と出会う
澤村由美:桐生一馬や錦山彰と共に育った親友で、妹的な存在立華鉄:幻肢痛や腎臓の障害に悩まされながらも、東城会構成員に引けを取らない喧嘩の腕前本庄次郎:法に強い信念を持っており、柔軟性に欠ける性格
二階堂哲雄:シリーズ初の人間外のラスボスとして、フロアを破壊する壮絶な戦いを繰り広げる難波悠:専用ジョブ:ホームレスの使い手藤井真冬:不憫なキャラクターかもしれないが、その後の続編で八神と結ばれるか否かが注目
鉄爪:鉄の鉤爪を使用して戦うスタイル石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物
星野一生:トップクラスの成績で司法試験に合格し、空手三段を持ち、どんな相手にも怯えない精神力を持ち合わせるハイスペックな青年杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意新谷正道:弁護士としての実力は八神に劣らず、一流
城崎さおり:主人公・八神隆之が以前勤めていた「源田法律事務所」の女性弁護士巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…鎌滝えり:専用ジョブ「事務員」は序盤から範囲攻撃技を覚える強力なジョブであり、大勢の敵に対して非常に有効
ソンヒ:妖艶な魅力と冷徹な非情さを持つ韓国系マフィアの女性ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)