星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物

ナビゲーター
ナビゲーター
彼は仁義と任侠を大事にしているんだ。恩義を忘れない義理堅い人物で、春日一番という主人公との因縁が生まれたんだ。
それってどういうこと?
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
昔、春日が星龍会の本部に侵入した時、龍平は彼に対して現実的な視点から釘を刺したり、脅しをかけたりもしたんだ。でも、春日からは昔ながらの極道として尊敬されてるんだよ。
ふーん、でも龍平さんは誰か好きな人いるの?
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
荒川組組長である荒川真澄に対して特別な思いを抱いてるんだ。彼女に対して強い敬意を持ってるんだよ。

『龍が如く7』というゲームに登場する人物、星野龍平についてです。

彼は、異人三と呼ばれる横浜・伊勢佐木異人町の裏社会を牛耳る3つの勢力の一つ、横浜星龍会の会長であり、古豪極道組織を指揮しています。

また、彼は「肉の壁」という秘密を知っている人物の一人でもあり、この秘密によって、主人公の春日一番が敬愛する荒川組組長である荒川真澄との因縁が生まれました。

外見は、角刈りにした白髪と和服を着ていて、まるでヤクザを描いたような人物です。

彼の性格は、仁義と任侠にかなり重きを置き、受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物です。

一方で、春日が星龍会の本部にカチコミをかけた際には、ビジネス的、現実的な視点から釘を刺し、彼に脅しをかけたこともありました。

しかし、春日からは「昔ながらの極道」という好意的な眼差しで見られ、頼りにされるようになっています。

過去には、彼が若頭だった頃に、「肉の壁」と呼ばれるグレーゾーンの秘密を知っていました。

その頃、真澄の父である荒川斗司雄が「肉の壁」に関わり、失敗をし、ついには彼を射殺しました。

斗司雄が射殺される前、当時中学生だった真澄が星野にすれ違い、彼はその後、真澄が極道となって身を立て、自身の目の前に現れた際に、斗司雄を殺害した理由を全て打ち明けます。

彼は、自分が真澄に殺される覚悟もあったのですが、真澄は彼の話を聞き、全て許し、立ち去りました。

この話は、ある男性の愛と信念に満ちた物語です。

男性の名前は龍平で、彼は真澄という男性と出会います。

龍平は真澄に強い敬意を持っており、彼に特注でエラー紙幣を送りました。

その裏には、「恩威並行を忘れず」というメッセージがありました。

このことは異人三の全戦力からも命を狙われる恐れがあったにもかかわらず、龍平は真澄を信じ、彼に自身の生命を託しました。

そして、真澄との問題が解決し、月日は流れ、龍平は2019年、横浜星龍会の会長として老人ホーム「陽だまりの城」に関する問題に巻き込まれます。

最初は、龍平は春日たちを迷惑そうに扱っていましたが、春日の立ち振る舞いや真澄との関係を聞いて彼を高く評価しました。

そして、時には敵対したり協力しながら、真実を探すために奮闘します。

春日はかつて、龍平のために真澄にエラー紙幣を送りましたが、これが龍平に真澄を信じるきっかけになりました。

龍平は春日に真澄が裏切っていないことを伝えます。

その後、龍平は東京都知事・青木遼が異人町で荻久保豊を失脚させようとしていることを知り、春日を正式な支援者として受け入れます。

そして、異人三の全戦力で青木と近江連合と戦うために、龍平は民自党=青木に対抗する候補を異人町から立て、その候補者の選び方を担ったのです。

しかし、真澄は過去長年の計画に基づき、東城会と近江連合の同時解散を行い、青木の権力を大幅に削ぎ落とすことに成功しました。

この後、龍平と共に初めて食事を共にしました。

そのとき、真澄は父親殺害のトラウマにより、北京ダックを一度も食べたことがなかったのですが、龍平が彼と一緒に食べることを誘って彼に生きている実感を与えました。

この食事が、彼が見た最後の真澄の姿となりました。

翌日、真澄は誰かに殺されてしまい、春日と龍平は怒りに震えた。

彼らは復讐するため、力を貸すことを提案するが、春日はそれを断ってしまう。

龍平はしばらくして春日たちのところに現れ、対立候補に相応しい人材を見つけられなかったことを報告する。

さらに、選挙資金を返還し、衆議院解散総選挙で青木が後ろ盾となっているブリーチジャパンの横浜支部長・久米颯太が出馬することを逆手に取り、春日自身が立候補して久米に近づくことを提案する。

また、若頭の高部守を通じて選挙カーとメガホンを貸し出し、選挙活動をサポートすることも約束された。

ところが、荻久保を否定するために後任になりたがる青木にとって、青木がいた選挙区で勝利することは重要な問題だった。

青木は一番よりも、春日が思っている以上に悪意を持っていた。

そんな中、暗殺を決定した青木は、世間からの注目が一番よりも選挙に悪影響を与えない龍平を選び、真澄の暗殺に渋っていた荒川組若頭の沢城丈を鉄砲玉として使おうとする。

春日たちは、沢城が選ばれたことを彼本人の告発で知るが、星龍会本部に行くのが遅れ、龍平は殺されてしまう。

龍平の死は、荒川組を喪った哀しみと痛みを分かち合うための唯一の相手を失うことを意味し、春日は心が大きく揺らぐ。

彼は青木と東京近江連合に対する憎しみにとらわれてしまう。しかし、以前のような優しさと強さを春日に取り戻させるため、ある男が現れるのであるが、それは別の話。

 


【みんなの投票】あなたが選ぶ「龍が如く最強キャラBEST3」は?(3つまで回答可)
  • Add your answer

龍が如くキャラクター一覧
趙天佑:片手剣を武器に、剣術と体術で戦う非常に攻撃力の高いアタッカータイプ源田龍造:「源田法律事務所」の所長であり、弁護士澤村遥:自分の母親を探すためにヒマワリを脱走し、神室町で桐生と出会う
澤村由美:桐生一馬や錦山彰と共に育った親友で、妹的な存在立華鉄:幻肢痛や腎臓の障害に悩まされながらも、東城会構成員に引けを取らない喧嘩の腕前本庄次郎:法に強い信念を持っており、柔軟性に欠ける性格
二階堂哲雄:シリーズ初の人間外のラスボスとして、フロアを破壊する壮絶な戦いを繰り広げる難波悠:専用ジョブ:ホームレスの使い手藤井真冬:不憫なキャラクターかもしれないが、その後の続編で八神と結ばれるか否かが注目
鉄爪:鉄の鉤爪を使用して戦うスタイル石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物
星野一生:トップクラスの成績で司法試験に合格し、空手三段を持ち、どんな相手にも怯えない精神力を持ち合わせるハイスペックな青年杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意新谷正道:弁護士としての実力は八神に劣らず、一流
城崎さおり:主人公・八神隆之が以前勤めていた「源田法律事務所」の女性弁護士巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…鎌滝えり:専用ジョブ「事務員」は序盤から範囲攻撃技を覚える強力なジョブであり、大勢の敵に対して非常に有効
ソンヒ:妖艶な魅力と冷徹な非情さを持つ韓国系マフィアの女性ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)