杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意

ナビゲーター
ナビゲーター
彼は窃盗団の元メンバーで、通称「ジェスター」と呼ばれてたんだ。すごいパルクールの腕前を持っていて、警察の追跡を上手く振り切ることができたんだよ。
ジェスターってなんかカッコいい名前だね。
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
そうだね、彼はグループ内でエースとして活躍していて、明晰な頭脳も持ってたんだ。八神と出会ってからは事件の真犯人の捜索に協力したんだよ。
そうなんだ、彼は八神たちと一緒に事件を解決するんだね。
知りたがりの子供
知りたがりの子供

「杉浦文也」とは、人気ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』及び『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』に登場するキャラクターです。

神室町で活動する窃盗団の元メンバーで、通称「ジェスター」と呼ばれていました。

彼はパルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術を駆使して警察の追跡を尽く振り切りました。

さらに明晰な頭脳を持っており、グループ内ではエースとして羨望を浴びていました。

ある出来事をきっかけに、主人公・八神隆之と出会い、敵対する「梶平グループ」と共闘し、八神たちが目指す「神室町連続殺人事件」の真犯人“モグラ”の捜索に協力しました。

『LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶』では、九十九誠一と一緒に横浜で「横浜九十九課」という探偵事務所を設立します。

九十九とは、「気が合う」とのことで、一緒に身体を動かすことが多いようです。

DLCのパックを購入すると、彼はリングネーム「ファントム・フィスト」としてボクシングジムでスパーリングパートナーとして対戦ができます。

彼はオレンジ色の髪が印象的で、色白の美青年です。

普段は白灰色のフード付きパーカーに黒のジャンパーを着用し、窃盗などの暗躍時には自分のコードネーム「ジェスター(道化師)」の仮面を着けて素顔を隠して行動します。

一人称は「僕」で、飄々とした言動を取る現代風の青年です。

しかし、元々は非常に直情的な性格であり、自分自身を抑えることが必要なタイプでした。

彼は以前、梶平グループでサイバーセキュリティーを担当するシステムエンジニアとして働いていましたが、裏金に関する資料を見つけたことで濡れ衣を着せられ、解雇されてしまいました。

その後の物語は、主人公の「寺澤文也」という男性の人生が中心に描かれます。

彼は、かつて自分の恋人である姉・寺澤絵美を殺した(実際は冤罪)大久保新平に復讐するため、窃盗団の一員になっていました。

しかし、神室町で発生した連続殺人事件に巻き込まれ、八神たちと行動を共にすることになりました。

彼は、関連人物を調査したり、尾行したり、戦闘に参加したりと、多岐にわたって八神たちをサポートしました。

実は、彼の本名は「寺澤文也」であり、姉の恋人・大久保新平によって殺されたのです。

姉の死を憎んでいた八神は、復讐のために彼に近づきました。

彼が八神に明かした名前や経歴はすべて偽りでした。

彼は、八神が法廷に戻ったことを知り、彼と大久保の様子を知るために八神に近付いたのです。

ただし、八神の態度次第で復讐も考えていたため、彼は関西共礼会の組員をはじめとする梶平グループの関係者の前では素顔を見せず、姉の話題で憤りを表す場面もありました。

彼は3年前に両親と一緒に八神と会っていましたが、当時の八神は長髪で眼鏡をかけたニートのような風貌でした。

彼は、八神たちと行動を共にして新たな情報を得たことで姉の死の真相に最初に気づきました。

物語の終盤に、彼は自分が寺澤絵美の実弟であることを明かしました。

彼は、姉を殺した真犯人・生野洋司を殺害しようとしましたが、失敗しました。

その後、彼は八神に対し、当初は大久保が犯人だと思っていたことや、再び事件を追っている八神に興味を持ったこと、そして真実を知ったことが原因で大久保に複雑な気持ちを抱いていることを告白しました。

彼は八神に、大久保の面会に行くように頼んで、「姉の墓参りに一緒に行こう」という伝言を託しました。

事件が解決した後、彼は拘置所を訪れ、大久保と面会しました。

また、寺澤文也という本名が公表された後でも、彼の周りの人々は彼を「杉浦」と呼ぶようにしていることがあります。

この呼び方は、彼のプライベートな面や、彼らの親密な関係に由来しているかもしれません。

この傾向は、最近発売されたゲーム『ロストジャッジメント』でも同様に見られます。

 


【みんなの投票】あなたが選ぶ「龍が如く最強キャラBEST3」は?(3つまで回答可)
  • Add your answer

龍が如くキャラクター一覧
趙天佑:片手剣を武器に、剣術と体術で戦う非常に攻撃力の高いアタッカータイプ源田龍造:「源田法律事務所」の所長であり、弁護士澤村遥:自分の母親を探すためにヒマワリを脱走し、神室町で桐生と出会う
澤村由美:桐生一馬や錦山彰と共に育った親友で、妹的な存在立華鉄:幻肢痛や腎臓の障害に悩まされながらも、東城会構成員に引けを取らない喧嘩の腕前本庄次郎:法に強い信念を持っており、柔軟性に欠ける性格
二階堂哲雄:シリーズ初の人間外のラスボスとして、フロアを破壊する壮絶な戦いを繰り広げる難波悠:専用ジョブ:ホームレスの使い手藤井真冬:不憫なキャラクターかもしれないが、その後の続編で八神と結ばれるか否かが注目
鉄爪:鉄の鉤爪を使用して戦うスタイル石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物
星野一生:トップクラスの成績で司法試験に合格し、空手三段を持ち、どんな相手にも怯えない精神力を持ち合わせるハイスペックな青年杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意新谷正道:弁護士としての実力は八神に劣らず、一流
城崎さおり:主人公・八神隆之が以前勤めていた「源田法律事務所」の女性弁護士巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…鎌滝えり:専用ジョブ「事務員」は序盤から範囲攻撃技を覚える強力なジョブであり、大勢の敵に対して非常に有効
ソンヒ:妖艶な魅力と冷徹な非情さを持つ韓国系マフィアの女性ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)