巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…

ナビゲーター
ナビゲーター
彼は陽銘連合会のフロント企業の社長でもあるんだ。その立場を利用して組織を裏で操り、陽銘連合会のナンバー2の立場にまで上り詰めたんだよ。
なるほど、それで黒幕としてストーリーに絡んでくるんだね。
知りたがりの子供
知りたがりの子供
ナビゲーター
ナビゲーター
そうそう、彼は裏で様々な策略を巡らせ、他の組織や主人公との対立を引き起こしているんだ。

「巌見恒雄」は、PS4用ゲーム「龍が如く6」の登場人物です。

彼は広島を拠点とする極道組織「陽銘連合会」の会長であり、父である伝説の極道「来栖猛」こと巌見兵三の息子です。

彼はまた、陽銘連合会のフロント企業「巌見造船」の社長でもあり、本作のストーリーにおいては黒幕として登場します。

「巌見恒雄」は、一見すると穏やかな雰囲気を持っていますが、どこか冷徹な部分も感じさせます。

彼は裏社会で絶大な力を持つ父を超えること、陽銘連合会、そして「来栖猛」という渡世名を手に入れることを目的としている、非常に野心的な人物です。

なお、彼自身は完全なカタギの立場です。

とはいえ、物語の中盤までには既に「陽銘連合会の黒幕」としての評価を受けるようになりました。

彼は実質的には兵三に次ぐ陽銘連合会のナンバー2の立場にあり、当然、ナンバー2に相当する陽銘連合会の若頭・小清水寛治も手駒として扱っています。

実際には、父である兵三を差し置いて陽銘連合会を自由に動かす権限を持つようになっていたのです。

彼はさらに、韓国マフィアの「真拳派」を引き入れ、関東最大の極道組織「東城会」と中国マフィア「祭汪会」を敵対させるように仕向けたり、桐生一馬に対しては、代わりに澤村遥とその息子のハルトを人質に取り、桐生自身を手出しできないようにしました。

そして、東城会の幹部・菅井克己と結託して、一方的に桐生を痛めつけたり、女性や子供さえ利用することを躊躇しなかったり、不必要だったり邪魔者となる存在を無慈悲に排除することで、自身の野心を実現しようとする非常に性根の腐った人物です。

彼の言動は、極道の道ですら崩壊させるほど残忍で異常なものでした。

この文章は、ドラマやゲームのキャラクター、来栖恒雄についての詳細な説明です。

彼は、人々を操り、自分の野望を実現するために倫理観を捨てるなど、非常に強い野心を持っています。

彼がカッコいいスーツを脱ぎ捨て、背中に白沢の大きな刺青を入れて披露する姿は、その野心を証明するものでした。

しかし、彼はヤクザの本質を理解しておらず、追い詰められると命乞いをしたり、引き際を見定められずに目先のことばかりに集中したりするなど、カタギと同様の悪い傾向を持っています。

来栖恒雄は、父親に日の当たる道を歩ませられるために、裏社会との関わりを制限されて育ちました。

しかし、彼は父親の願望を受け入れることができず、自分の野心を増長させました。

彼は、経歴がある人物や染谷巧、小清水、ビッグ・ロウ、ジミー・ロウなど、組織の幹部たちと協力し、彼らが引っ張った事件に関わったり、組織を支配したりしました。

彼は、自分自身を裏切った染谷の元妻、笠原清美を人質に取り、彼女を使って桐生を排除しようとしましたが、失敗しました。

彼の物語の後半で、彼は父親である兵三を殺害させ、自分は二代目「来栖猛」としての地位を手に入れました。

しかし、彼は桐生との戦いで敗れた染谷によって自害されることになります。

その後、巌見造船所で行われた「来栖猛」襲名式に桐生と広瀬一家の若頭である南雲剛が乗り込んできました。

恒雄は、自分たち菅井や陽銘連合会を引き連れて直接対峙することになりました。

まず、小清水を煽って倒させ、切り札として連れ去っていた遥とハルトを人質に取り、桐生たちを無抵抗にして菅井と一緒に一方的に暴行を加えました。

しかし、広瀬一家の若衆である宇佐美勇太らが乱入して遥たちが解放されてしまいました。

最終的に、桐生と一対一のタイマンを張りましたが、極道気取りのにわかチンピラであり、返り討ちにあってしまいました。

最後の悪あがきとして、恒雄は菅井に遥とハルトを殺害するよう命じた、往生際の悪さを見せたのです。

しかし、怒りが限界に達した桐生に渾身のワンパンを食らい、気絶してしまいます。

一連の騒動が終結した後、陽銘連合会の会長の座は小清水に継承され、恒雄自身は警察に逮捕されました。

このことは、釈放された堂島大吾たちの会話で明らかになりました。

『龍が如くONLINE』の救援(補完)イベント「巌見一族の悲劇」では、恒雄が桐生に敗れてから逮捕されるまでの動向が明らかになります。

追い詰められた菅井が自殺し、重傷を負った桐生が意識を失った後、目覚めた恒雄はまだ往生際が悪く、同じく目覚めた小清水に桐生を殺すよう命じました。

しかし、既に敗北を認めていた小清水からは軽蔑され、自分の保身しか考えていないと指摘されました。

「引き際を弁えて、死を選んだ菅井の方がアンタよりも極道として立派だった」「あんたに陽銘連合会会長は務まらない あんたのような奴は極道やない」と、その極道としての資質の無さを指摘され、恒雄は「来栖猛」という渡世名を名乗る器ではないと断言されてしまいました。

当然のことながら、恒雄は父親である巌見兵三が自分に対して「日の当たる道を歩かせたい」という理由で、自身の渡世名である「来栖猛」を継がせなかったことに納得ができず、自分にとって都合の良い解釈をし、勝手な妄想を抱いている。

しかし、小清水は恒雄が現実を理解していないことに苛立ち、兵三から口止めされていた真意を明かす。

すなわち、兵三は息子の本質や時勢を見越して、恒雄が陽銘連合会を扱い切ることができず、暴対法のような規制によって極道社会自体が衰退していくことも予測していた。

そのため、表の力である巌見造船と裏の力である陽銘連合会を分け、それぞれが互いに足を引っ張らず利用されないようにするために、恒雄には来栖猛を継がせることができなかった。

兵三の本音を聞き、それが広島を表と裏の双方から支配してきた来栖猛の合理的なやり方であったことを小清水は称賛する。

しかし、そこに警察が到着し、恒雄は父・兵三が築き上げてきた全てを自らの野心が裏目に出て潰してしまったことを自覚する。

小清水から、「ゆっくりと会長の真意を考えろ」と諭されるが、すでに手遅れであると恒雄は自嘲しながら茫然自失となっていた。

この文章を見ると、一見すると恒雄が自業自得であるかのように見えますが、実際には息子にも問題があったにもかかわらず、恒雄が暴走してしまったのは、上述の真意を話そうとしなかったことや息子と向き合おうとしたことがなく、恒雄の気持ちなどに気づかずに、上から力を行使して彼を道に進ませようとした兵三の責任も大きいため、彼にとっても自業自得と言えるでしょう。

彼はラスボスであり、極道組織の頂点に立つ野望を持っているが、前作である『4』の宗像征四郎と同様、カタギであり、恥知らずな行動をとることで極道としての価値は見いだせない。

また、少し地味であるため、ストーリー中に現れた多くの魅力的な敵役たちと比較すると、印象が乏しくなる。

しかし、彼がラスボスであることは物語中盤からしっかりと示唆されており、前回の相沢聖人のような唐突さはなく、脚本構成面では前回の反省が活かされています。

バトル面では、攻撃力が高めですが、その他の特徴はほとんどありません。

反応が鈍く、対処しにくい攻撃動作もありません。

さらに、体力ゲージが1本しかなく、相手を欺くこともできません。

そのため、過去の強敵を打ち倒してきたプレイヤーにとっては、特に苦戦することはありません。

結果的に、桐生が対峙する最後の敵として、このシリーズでもっともがっかりするラスボスとなってしまいました。

さらに、中ボスであるエドや広瀬が強敵であるため、体力ゲージが2本与えられる彼らと戦う前に対戦した小清水の方がまだ厄介な相手であると感じることもあります。

しかしながら、白沢が背負う刺青と流れるBGMは、その格好良さが高く評価されているため、今回の扱いに対して惜しみない心情を持つファンが相当数存在しています。

 


【みんなの投票】あなたが選ぶ「龍が如く最強キャラBEST3」は?(3つまで回答可)
  • Add your answer

龍が如くキャラクター一覧
趙天佑:片手剣を武器に、剣術と体術で戦う非常に攻撃力の高いアタッカータイプ源田龍造:「源田法律事務所」の所長であり、弁護士澤村遥:自分の母親を探すためにヒマワリを脱走し、神室町で桐生と出会う
澤村由美:桐生一馬や錦山彰と共に育った親友で、妹的な存在立華鉄:幻肢痛や腎臓の障害に悩まされながらも、東城会構成員に引けを取らない喧嘩の腕前本庄次郎:法に強い信念を持っており、柔軟性に欠ける性格
二階堂哲雄:シリーズ初の人間外のラスボスとして、フロアを破壊する壮絶な戦いを繰り広げる難波悠:専用ジョブ:ホームレスの使い手藤井真冬:不憫なキャラクターかもしれないが、その後の続編で八神と結ばれるか否かが注目
鉄爪:鉄の鉤爪を使用して戦うスタイル石尾田礼二:自分が手に入れたいものは力ずくで手に入れ、破天荒な言動を目立たせる武闘派星野龍平:受けた恩義を忘れないことが特徴で、しっかりとした義理堅い人物
星野一生:トップクラスの成績で司法試験に合格し、空手三段を持ち、どんな相手にも怯えない精神力を持ち合わせるハイスペックな青年杉浦文也:パルクールが得意で、常人離れした身軽さや胆力、そしてカポエイラをおもわせる体術が得意新谷正道:弁護士としての実力は八神に劣らず、一流
城崎さおり:主人公・八神隆之が以前勤めていた「源田法律事務所」の女性弁護士巌見恒雄:このシリーズでもっともがっかりするラスボスとは…鎌滝えり:専用ジョブ「事務員」は序盤から範囲攻撃技を覚える強力なジョブであり、大勢の敵に対して非常に有効
ソンヒ:妖艶な魅力と冷徹な非情さを持つ韓国系マフィアの女性ハン・ジュンギ:専用ジョブ「ヒットマン」を習得すると、そのスタイルは一変

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)